トイレのつまりの根本原因

トイレつまりの原因は、異物のつまりによるものですが、本来適切な使用方法であればつまりは発生しません。ではなぜつまりが起こってしまうのでしょうか。トイレが詰まるのは、主に2つの原因があります。1つは、節約等の理由で、ペットボトルをタンクに入れるなどして、タンク内に十分な水を溜めずに、一回で使用する水量を制限してしまうような場合に発生します。節約のつもりが高額の修理代を払う羽目になる可能性がありますから、正しい使い方を守るようにしたいものです。

トイレトイレの汚物は、タンク内の貯水によって大と小のレバーを引くことでそれぞれの水流で流すことができます。このトイレの設計は、実験によってらせん状にきれいに汚れを取り除きながら流れるように水流を調整したものが製品化されています。節水で水量を変えてしまうと本来の機能が低下し、だんだんと排水管がつまってきてしまいます。

もう一つが、異物をトイレに誤って流してしまうことによるものです。誤って何かを落としてしまった場合は対処法もすぐに判断できますが、無意識で落下させてつまりを発生させた場合はやっかいです。異物を流してしまった場合は便スポを使いがちですが、形状によって使っていい場合とだめな場合があり、症状がかえって悪化する場合があります。