トイレのつまりの前兆

流れていかないトイレの水があまり流れていかない場合は、何かの異物が完全につまった可能性があり、それがパイプを蓋し、水をせき止めている可能性が高いです。したがって、そのつまった異物を溶かしたり動かしたりして隙間を作り、水圧で押し流す作業が必要になります。

また、水を流した時に空気が漏れるような音がする場合があります。そのような場合は、排水管の先が詰まっている可能性があります。排管が詰まって水があまり流れない状態になると、水が流れずに空気だけが上がり異音がします。浴室やキッチン、トイレの汚水が一つの排管にまとめられている家の場合は、すべての配管がまとまった後の部分が詰まると、排管を逆流してそれぞれに汚物が上がってきてしまいます。

トイレのつまりの前兆を確認したら準備しておきたい備品類があります。まずは、バケツです。高い位置から水を流すことで、水圧によってつまりを取る場合に使用します。次は便スポです。トイレに空気を入れて吸引を繰り返すことで隙間を作り、水を流すのに役立ちます。一般的に便スポがトイレのつまり対策としてよく利用されます。次は、トイレの排水管用ワイヤーです。トイレの排水管用のお掃除道具で、つまりの原因物質を排水管の奥までかき出してつまりを解消します。