トイレのつまりの原因

毎日利用するトイレ。もしそんなトイレが詰まってしまい、流せなくなってしまったら大変です。トイレが詰まる原因は、トイレの構造に関係しています。軽度のつまりの原因は、S字に曲がったトイレの管に、異物がつまることです。これによって本来流れるはずだった水が流れなくなってしまいます。また、重度のつまりの原因は、排水管の奥やキッチンと浴室の排水管とのジョイント部分が詰まりです。

便スポトイレの排水口がS字に曲がっている理由は、下水の匂いを室内に充満させないようにするためです。トイレに水を溜めておくことで、匂いを上がらせない効果があるからです。そのため排水管の奥まで掃除をすることが難しく、決められた使用方法を守らないと、大掛かりなメンテナンス作業をしなければならないという事態になってしまいます。

トイレのつまりが発生する時は、突然おきるのではなく、明らかな前兆があります。例えばハンカチや携帯等を誤って落とした際に、それを気づかずに流してしまったりすると、つまりの原因になります。水を流した時に水位がなみなみと上昇する時があります。水位が少しずつ下がるようであれば完全に詰まっていません。この場合は、新聞紙やビニールシートなどを周囲に敷き詰めて、漏れをできるだけ緩和するように保護した後詰まっているものを溶かして取り除く作業をします。水の流れが悪い場合は、異物が完全につまった状態で水の流れを止めている可能性が高いです。そのつまった異物を溶かしたり、引き戻したりして隙間を作り水圧で押し流す作業が必要になってきます。便スポなどで詰まった異物を動かすことで詰まりを解消できる場合があります。